パソコンやスマホで作るフォトブックってどんなもの?

自分の撮った画像を写真集に

デジタルカメラやスマートフォンで撮影した写真は、そのまま端末で、あるいはパソコンにデータを保存していつでも見返すことができます。そればかりでなく、プリントアウトして額装したりすることも可能です。
さらに、複数の写真を組み合わせてオリジナルの写真アルバムを作成することもできます。これをフォトブックといいます。
従来のアルバムといえば、プリントアウトした写真を既存の台紙に貼り付けるタイプが主流でした。一方、フォトアルバムでは画像データをレイアウトしたページをそのまま出力し、製本します。そのため、まるで市販の写真集のような仕上がりにすることも可能です。旅行の思い出や家族の成長の記録などをいつまでも残しておいたり、親しい人にプレゼントしたりするのに非常に適したアイテムだと言えます。

インターネット経由で手軽に発注

フォトブックは、カメラ店やプリント業者などに依頼すれば簡単に作ってもらえます。インターネットで注文を受け付けているところも多く、データを保存しているパソコンやスマホからそのまま発注可能です。
インターネット経由で作成する場合、パソコンであれば業者が設置している専用ページにデータをアップロードし、レイアウトしていくというのが一般的なやり方です。スマートフォンの場合は、レイアウト機能を備えたアプリを利用します。色を補正したり、写真の上に文字が書ける機能を備えたアプリなどもあります。
作成に要する費用はサイズとページ数、アルバムの種類によって異なりますが、多くの業者が採用している21cmX21cmサイズで全20ページだとソフトカバーで1冊につき2~3千円、ハードカバーで4~6千円というのがおおよその相場となっています。